内服薬を使ったAGA治療

医療機関で処方されています

男性型脱毛症は少しずつ進行していきますが、早めに対処することでその進行を止めることも期待できます。
市販の育毛剤などでケアを行うのも良いですが、よりしっかりと悩みを解消するのであれば医療機関によるAGA治療も検討してみましょう。
医療機関では様々な薄毛治療が行われていますが、初期の段階であれば薬による治療が中心となります。薬にも様々な種類がありますが、AGA治療の代表的な薬としては頭皮に直接つけるミノキシジル、さらに内服薬であるプロペシアがあげられます。
プロペシアはその主成分はフィナステリドとなっており、前立腺肥大症の治療などにも活用されています。この薬は薄毛の原因となる悪玉男性ホルモンとも呼ばれるジヒドロテストステロンの発生を防ぐのに役立ちます。

長期に続けることが大事です

内服薬は一日一回、一錠飲むだけですので手軽に続けていくことができます。治療を始めたばかりでは目立った効果が出ることは少なく、かえって抜け毛が多くなる初期脱毛が見られることもあります。
初期脱毛はあくまで一時的なものですので、必要以上に気にせず治療を続けていきましょう。プロペシアの効果にも個人差がありますが、数か月程度は続ける必要があるとされています。
そして効果を実感できても、それで終わりという訳ではありません。薬を止めてしまうとまた薄毛の状態へと戻っていき、治療を最初からやり直さなくてはならないこともあります。
そうならないためにも、治療は長期に続けていきましょう。長期に安全に治療を続けていくためには一日一錠の用量を守ること、飲み忘れた場合もまとめて飲まないなど正しい飲み方を守ることが大事です。

© Copyright Diagnosis And Treatment. All Rights Reserved.